盗聴SSで問題を解決!

題名
   
   
  メールメールでのお問い合わせはこちらまで
  メール
盗聴の種類と方法盗聴関連用語盗聴関連法令料金表よくある質問お問い合わせ

盗聴器の種類と方法
線

盗聴の方法

盗聴をするやり方には大きく分けるて「直接式盗聴」と「間接的盗聴」に別れます。

◇直接式盗聴

直接式盗聴とは壁越しで隣の部屋を盗聴していく方法です。コンクリートマイクを使用して盗聴をします

コンクリートマイク
壁に特殊なマイクを当て壁に伝わってくる振動を拾います、それをアンプによって増幅させてイヤホンから盗聴をしていくのです。目的の部屋の隣に自由に入れ時によく使われます。直接目的の部屋に侵入しなくても、出来ますし、機械が大きくても問題がありません。テープレコーダーが繋がっていると、録音をする事もできます。

◇間接式盗聴

間接式盗聴とは、直接式とは違って電波を使って離れた場所で盗聴を行うものです。

有線式盗聴器
目的となる部屋に盗聴器を隠して、盗聴器から線が出ているので、そのまま屋上などに行き盗聴をします。配線が繋がっているので、見つかってしまう可能性が高いのですが、無線に比べると音がキレイに聞こえます。

無線式盗聴器
一番使用されている方法です。目的となる部屋に盗聴器をしかけて、自分は遠い所から電波で受信をして盗聴をします。
無線となるので、見つかる確率は低くなるのですが、有線にくらべると、音が悪くなります。また、1つのマイクで部屋すべての音を拾いますので、雑音などが入りやすくもなります。

電話盗聴
電話機本体や、電話線に盗聴器を付けます。電話線から電源をとるので、見つからなければずっと盗聴されます。しかし、電話を利用しているので、部屋の盗聴はできません。が、相手の話も聞く事ができます。

盗聴器の種類

■音感知式盗聴器(VOX)

音に反応をして作動をするタイプです。
音がしなければ、作動しないので、普通の盗聴器よりも長持ちします。
少し昔の盗聴器の見つけ方では、なかなか見つける事が出来なかったので、一時的に大流行しました。。

■スクランブル式盗聴器

盗聴器は1つですが、周波数が何度も変わります。(1秒間に20回位)ですので、普通の受信機では受信をする事ができません。
この盗聴器専用の受信機をしようしないと盗聴器を見つける事ができません 。
ただ、電波はずっと出ている状態なので、絶対に見つけられないと言う訳ではないです。

■リモコン式盗聴器

リモコンを使用して、電波を出したり、止めたりする事ができます。
いつも電波を出している訳ではないので、簡単に見つける事はできません。。
電源を切っておけば、電気を消費しないので、普通の盗聴器よりも長持ちします。

■デジタル式盗聴器

携帯電話やPHSを盗聴器に使用する方法です。全国どこにいても電話がかけれれば盗聴する事ができます。
デジタル波になるので、盗聴器を見つけるには、特別な機械が必要です。
アナログ波専用の発見機では見つけられません。盗聴をする人が電話をしてこないと電波がでないので、見つけるのは困難です。電池は、携帯本体のバッテリー分です。携帯のバッテリーが切れたら、盗聴できません。

 

■recommend

バルーンギフト ぬいぐるみ
http://www.sunnyballoon.com/
還暦 似顔絵
http://nigaoe-garasu.woocreation.com/
ビデオ dvd ダビング
http://xn--dvd-fj4btfxc.com/
こだわりの鯛茶漬け
http://www.marukisuisan.co.jp/
ねずみ駆除大阪
http://www.kanlabo.com/

最終更新日:2015/8/3

 

上へ

Copyright (C) 盗聴SS All Rights Reserved.